【暮らしのアイデア】ダクトレールを活用して、暮らしに彩りを

この記事では簡易取り付け型のダクトレール を使ったインテリアのご紹介です。ダクトレール には様々な魅力がありますので、ぜひご覧ください。


ダクトレールを検討する

既設のシーリングライトは可もなく不可もなく。光源のばらつきもなく、部屋を明るくするという点では良いライトです。

しかし、なんとも殺風景です。というのも、均一な光はメリハリが少ないんですよね。暮らしやすい反面、インテリアとしての表情が少ないですね。

ここで今回導入したのがダクトレールです。まずはダクトレール についてご紹介します。

ダクトレールのメリット

ダクトレールの良さといえばなんといっても照明の位置を自由な位置に設定できるということです。

既設のシーリングライトは部屋全体をムラなく照らすことが得意ですが、ダクトレールはスポットな光をあてることが得意です。

部屋でのスポットの使い道として

壁を部分的に明るくしたり

テーブルの上にライトを持ってきたりすることが得意です。使った機材や照明は次でご紹介していきます。

  

部屋の照明計画

ダクトレールを用いた今回のイメージチェンジの目的をまとめます。

こういう部屋にして行きたい

エリアごとに適切な照明を持ってくる
部屋の雰囲気を変えて、居心地の良い空間へ

この2つを目指して改善していきましょう。

  

エリアごとに適切な照明を持ってくる

一つ目のテーマ、これはダイニングテーブルのエリアとリビングルームで分けることにしました。

まずはダイニングテーブルから。今住んでいる部屋はダイニングキッチンになります。

この部屋の間取りの関係で照明下にテーブルを持ってくるとキッチンとダイニングテーブルが少し離れた位置になります。写真でいう黒のテーブルの位置です。

導線を考えるとキッチンとテーブルは近いに越したことはありません。そこで今回検討したのがピンクの枠の位置です。

その為には照明の位置をずらすことになりますが、ここでダクトレールは活躍します。

また、真上に持ってくる照明もできるだけテーブルに近づけて、食事を明るく照らすようにしてあげましょう。光源が直接目に入らないようなペンダントライトは、こんなシーンにおすすめです。(次項でご紹介します)

  

次にリビングにはスポットで明るく照らします。どちらかというと雰囲気重視です。いずれ置くであろうソファーとテレビの周辺をスポットで照らします。

今はパソコンを置いていますが、壁を明るく照らすと目が疲れにくい印象で良いですね。

  

部屋の雰囲気を変えて、居心地の良い空間へ

二つ目のテーマは色温度と照明のデザインについて考えます。

色温度はとても重要で、暖色と寒色で印象がわかるのは周知のことでしょう。

既設照明は寒色ですが、部屋の彩りとしては暖色の方が良いですね。

デザインについては光源が見えないことがとても大切だと思っています。ダクトレール用のスポットライトは数あれど、光源が直接見えたりすると、光が強くて目が疲れます。また照明自体のデザインもスッキリしていないデザインが多い印象です。

  

今回取り付けた製品の紹介

次に採用した製品の紹介をします。

ダクトレール

オーデリックのダクトレールをチョイスしました。

決め手は長さが1600mと比較検討した中では一番長いこと、そしてオフセットの機能がついているのが特徴です。(中心位置をずらすことを指します)

取り付けに関して、既設の照明によりますが、穴あけの加工が必要となります。このような天井の作業は腕が非常に疲れてくるので

コードレスの電動ドライバーは非常に役立ちます。

  

ペンダントライト

今回は低価格でセンスが良いものをチョイスしました。写真のものはIKEAの照明です。大きさは30cmと20cmと二つありますが、小さいものをチョイス。

IKEAのこのライトはポリプロピレンの白濁したシェルにライトが一灯のシンプルなシーリングライトです。光源が直接目に入らないから、ライトの位置を下げても眩しくないですし、デザインも綺麗で良いですね。

取り付けに関し、照明はシーリングライトの規格ですが、ダクトレールの規格に変換するアダプターがあり、自由な照明を使うことが可能です。

  

スポットライト

スポットライトは遠藤照明のものです。決め手は前項で説明しましたが、色温度とこのシンプルながらディティールの質感が高いデザインです。色温度は3500kとなっており、暖色寄りの色ですが部屋を明るく照らしてくれるバランスの良い色温度です。光源が直接見えにくいのもGoodです。

  

ふりかえり

今回は部屋のライトをシーリングライトとスポットライトで彩る模様換えを行いました。既設照明の形は今時ではありますが、シーリングライトは探せば色々な形があり、備え付けの照明に拘る必要はありません。

照明は部屋の印象を大きく変える効果を持っています。エリアごとに照明を変えることはとても居心地の良い空間へと変わることでしょう。ご参考になれば幸いです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です