13年目を迎える車の維持について考える

私が乗っている車が登録日から13年目を迎え、税金の支払いが高くなります。車を乗り換えるか、乗り続けるかの悩みどころではないでしょうか。そんな時に役立つ情報を記載しました。

自動車税は毎年かかり、4月1日時点での所有者に課せられる税金のこと

4月1日時点での所有者に支払い義務があります。自動車税は排気量で区別されます。

13年超、車とバイク所持による今年の支払い金額

自動車(1994cc、13年目)とバイク(400cc)を持っているので、私が今年支払う金額は

計:51,400円 です。

バイク:6,000円(軽自動車税が適応され、251cc以上は6,000円)

:45,400円(13年目を超えると増額となります。元:39,500円)

自動車税増額の目的

13年目を超える車の税金が上がる目的として、環境負荷の高い車ということが理由となります。環境負荷の少ない対象車の購入時は税が免除及び減税となります。車を長く乗ることは環境負荷が高く、その分税金をより多く設定しているといえます。

 

13年を超えた車とバイクを持つ維持費を見てみる

26歳以上の設定で年間どれだけかかるのかを見てみます。2年更新分は1年として計算しています。

車(1994cc、1350kg)

計:115,415円(※ガソリン代、駐車場代、車検代は費用に含まず)

自動車税:45,400円

自動車重量税:17,100円(34,200/2)

自賠責保険:12,915円(25,830/2)

任意保険:40,000円(設定条件で異なります)

バイク(400cc)

計:54,060円(※ガソリン代、駐車場代、車検代は費用に含まず)

軽自動車税:6,000円

重量税:2,300円(4,600/2)

自賠責保険:5,760円(11520/2)

任意保険:40,000円

 
合計169,475円 (車検で+10万、、)

 

買い換える基準

13年目を迎える前に車を乗り換えるのはよく言われたことです。そこで、私なりに乗り換えのポイントを記載しました。

大きな修理費用が発生した時

保安部品や駆動系の部品が壊れた際の修理金額は思っている以上に高いです。修理費が30万を超えたりする場合は廃車とし、乗り換えを検討しても良いかもしれません。その際はエコカー対象車であれば、13年を超えても増税対象外となり、乗り続ける費用を抑えることができます。

13年目を超えると、車自体の価値も下がり続けます。保険で車両保険を設定しても、満足いく結果にならない場合が多いので、保険を見直し、維持費を抑える考えもあります。

乗り続けたいと思うかどうか

車を足として利用していたり、使い勝手が悪い車、好みでない車に乗っている場合は乗り換えの方向で検討することになるでしょう。自分にあった車の選択をすることはとても大切なことです。

燃費が気になる場合

燃費は買い替える大きな要素です。近年のモーター+エンジンのハイブリッドは燃費が大変良いです。そのため、走行距離が多ければ、それだけ差が出ます。今乗っているレガシィが11km/L、実家の車がアクアで24km/Lと仮定し、年間10,000km、130円/Lで計算すると、下記の価格差が出ます。

118,182円(レガシィ)- 54,167円(アクア)= 64,015円(お得)

この差は、乗れば乗るほど広がります。走行距離が多い場合は乗り換えると得になる場合が多いです。

 

維持費を抑えるポイント

13年目も今の車を乗り続ける場合は大切なポイントがあります。

車のメンテナンスを自分で行い、交換パーツを最小限にとどめる

維持をする上でとても大切なことは事前の定期的なメンテナンスです。車検時にカーショップ、ディーラーでパーツ交換をすると、交換費用が高くなります。可能な限り自分で交換することで、車検費用を抑えることができますし、何より重大な故障のリスクを下げることができます。

洗車は大切なメンテナンス

洗車の大切なポイントは下回りです。雪道だと除雪剤が散布されていたり、悪路を走ると汚れが溜まります。その汚れは下回りに蓄積され、サビの原因、汚れの固着につながり、耐久性を落とします。外装だけピカピカでも、下回りが洗浄されていないと、徐々に劣化していきます。

保険を見直す

古い車に車両保険をつけても満足いく結果が出なかったり、走行距離の過剰設定で保険料が高くなっている場合もあります。年齢でも安くできるポイントがあります。下記はバイクですが、保険の見直しで保険料が安くなりました。

 

古い車にも魅力がある

結果、乗り換えの基準となるのは、今持っている車に乗り続けたいと思うかだと思います。

レガシィはAWD(4WD)のため、悪路も安定した走りを楽しめますし、低重心からくる運転の楽しさ、そして室内の広さがあるので荷物の運搬も楽です。今時のBluetooth機能やシートウォーマー等々便利な機能はありませんが、それ以上に乗っていて楽しい車なので、愛着があります。できるだけ維持したいと思うのがこの車の魅力です。

 

燃費の観点でみれば、13年目を境に乗り換えるのはアリ

結論として、乗り始めた時期にもよりますが、税金の増税額は年1万程度のため、乗り換えが急務となることは少ないでしょう。ただし、燃費は乗り換えで大きく変わる可能性があるため、アウトドアで使用したり、好きな車でない場合などは、乗り換えを検討すると、購入費用はかかりますが、維持の負担金が減るのは間違いないです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です